アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)

アトピー主因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一つ、または2つ以上)、IgE 抗体を生み出しやすい誘因、など。
硬直していては血行も悪くなりがちです。そうすると、目の下の部分を始め顔のあらゆる筋繊維の力が減退します。そこで顔中の筋肉も十分にストレッチをしてあげて、時折緊張をほぐすことが大切です。
ことに夜の10時~2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと呼ばれ、肌の新陳代謝が一番促される時間帯です。ここで布団に入ることが何にも勝るスキンケアの手段ということは疑いようのない事実です。
身体に歪みが生じると、内臓と内臓が押し合って、それ以外の内臓も引っ張り合った結果、位置の移動、変形、血液や組織液に加えてホルモンの分泌等にも芳しくない影響をもたらすということです。
健康な体に生じる浮腫だが、これはしごく当たり前のこと。特に女性は、夕方のふくらはぎの浮腫を嫌がるが、二足歩行の人間なら、下半身がむくんでしまうのは正常な状態なので気にし過ぎない方が良い。

肌の美白ブーム

肌の美白ブームには、90年代初頭からすぐに女子高生などに広まったガングロなど、酷く日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの批判的な考え方が入っている。
患者によって肌の性質は違いますし、先天性のものによるドライ肌なのか、もしくは生活習慣などによるドライスキンなのかに応じて治療方法が違ってきますので、充分な注意が必要なのです。
明治も末期に差し掛かった頃、海外から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介した結果、これらを総称する言葉として、美容がけわいの後続として扱われるようになったのだ。
身体中のリンパ管に沿うように走っている血行が鈍化してしまうと、人体に欠かせない栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、結果として不要な脂肪を溜めさせる因子となります。
昼間なのに通常さほどむくまない顔や手に酷いむくみが見られた、十分寝ているのに脹脛のむくみが取れない、などは疾患が原因かもしれないので専門医の迅速な処置が必要になります。

全身に存在するリンパ管に並ぶように移動する血液の流動が悪化すると、重要な栄養や酸素が配られにくくなり、最終的には不要な脂肪を増量させる元凶になるのです。
本来、健康な皮膚の新陳代謝は4週間周期になっており、日々新しい肌細胞が生まれ、常時取り去られています。この「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさを保ち続けています。
目の下に大きな弛みが生まれると、男女を問わず全ての人が実際の歳より4~5歳は年上に見えることでしょう。皮膚のたるみには色々ありますが、中でも下まぶたは特に目につく部分です。
内臓が元気かどうかを数値で見られる有用な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている機械で、自律神経の様子を計測して、内臓の状況が分かるという汎用性の高いものです。
加齢印象を与えてしまう主要な要因のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の表側には、見えない凸凹があり、普段の生活の中でコーヒーなどによる着色やタバコのヤニ汚れが溜まりやすくなります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする