美白という考え方は2000年の少し前に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役

美白という考え方は2000年の少し前に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役となって人気になったが、それよりももっと前からメラニン色素によるシミ対策の言葉として使われていたらしい。
内臓の健康状態を数値で確認することができる性能の良い機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、人間の自律神経の状態を調査して、内臓の疾患をモニタリングできるという革新的なものです。
美容外科(Plastic Surgery)とは、人間の体の機能上の欠損や変形を矯正することよりも、もっぱら美意識に従って身体の見た目の向上に取り組む医学の一種であり、完全に独立している標榜科である。
頭皮ケアの主な目指すところとは健やかな髪の毛を維持することだといえます。頭髪に潤いがなく乾燥したり抜け毛が多くなるなど、多くの人が頭髪のトラブルをお持ちのようです。
レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、色素の濃いシミをいち早く薄く見せるのに実に効果のある治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・肝斑(かんぱん)・にきび跡などに適しています。

自己流のマッサージ

どうにかしたいという気持ちで自己流のマッサージをする方もいるようですが、特に目の下は薄くて敏感なので、ゴシゴシと強く力任せのフェイシャルマッサージであればしないほうが無難です。
ネイルケア(nail care)は、手足の爪や指先のお手入れのこと。美容だけでなく、健康、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といった多岐に渡る扱い方が可能で、既にネイルケアは一つの確立された分野となっているのは自明の理である。
ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、身体の中に蓄積してしまっている不要な毒を体の外へ排出させるという健康法の一種でジャンルとしては代替医療に分けられている。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」を短く言い表した言葉です。
身体中に存在するリンパ管に沿うように進んでいる血の循環が悪くなってしまうと、栄養や酸素(O2)がうまく移送されず、最終的には余分な脂肪を着けさせる大きな素因のひとつになります。
メイクのメリット:自分自身の顔を少しだけ好きになれる。顔に無数に点在するニキビ・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷等を隠せる。徐々に魅力的になっていくおもしろさ。

その上に毎日のストレスで、心にまで毒は山のように降り積もり、同時に体調不良も引き起こしてしまう。「心身ともに毒だらけ」という不安こそが、多くの人々をデトックスへと駆り立ててやまない。
もうひとつ挙げると、皮膚の弛みに大きく影響するのが表情筋。これは色々な表情を生む顔の筋肉のことを指します。コラーゲンと同じく、表情筋の機能も老化とともに衰えます。
多くの人々が「デトックス」の虜になる理由として考えられるのは、我々日本人が暮らす環境の汚染だ。大気や土壌は汚され、穀類や野菜などの食物には不自然に成長を促す化学肥料や危険な農薬がふんだんに使われていると実しやかに囁かれている。
湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の主因としては、1.腸内・皮膚・肺・口腔内等による細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的な要因、3.食物の栄養、4.環境面での素因、5.この他の考え方などを列挙できる。
アトピーは「場所が限定されていない」という意味を持つアトポスと言うギリシャ語から派生して、「遺伝的な原因を保有している人だけに見られる即時型のアレルギー反応に基づく病気」として名前が付けられたと言われている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする